› ジェット風船は永遠に › Movie › 「探偵はBARにいる」は本当に極上のエンタメだった!!

2011年09月17日

「探偵はBARにいる」は本当に極上のエンタメだった!!

実はおよそ3か月ぶりの日記の更新。
私をご存知の方々…生きておりましたアセアセ



観てきました、「探偵はBARにいる」。

舞台は札幌・ススキノ。
バーでいつもの場所に座り、依頼を待つ探偵「俺」。
事件は「コンドウキョウコ」と名乗る、
謎の女性の電話から始まります。
何でもない簡単な仕事の依頼だと思っていたのに、
事態は思わる方向へ進み、命がけの仕事となるハメに…


この映画の監督が、
本作品の原作とであったのが16年前。

映画化を目指し、
その主役となる北海道出身の俳優を探しに探して、
ようやく出会ったのが、「御存知 大泉洋」 !



ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
不肖tachyは、大泉さんが大好きです。

ただ正直、彼がどう探偵を表現するのか、
監督はどう大泉さんを表現しているのか、
宣伝も大々的に展開されていた分、
期待ハズレに終わるのではないか…という不安がありました。



…がしかし!
大泉さんの魅力、
シリアスな場面でもどこか愛嬌があり、ユーモアを感じさせる、
その彼の魅力を十分に引き出した作品に仕上がっており、
とても楽しめる作品となっていました。



脇を固める俳優陣も素敵で、
松田龍平さんや小雪さん、
西田「局長」はもちろんよかったのですが、
お気に入りはヤクザ役の松重さん。
「踊る」シリーズで爆弾処理班の班長をされていて、
その頃から好きな俳優さんなのですが、
今回も強面ながらどこかユーモアを感じさせる魅力、よかったです。



パンフレットも買いました。

これがバーでもらえそうなマッチをモチーフとしたものになっていて、
こういう遊び心もまた気に入ってしまいましたニコニコ

ちなみに、
これは上映前に決して読んではいけません。
ネタバレが結構含まれていますので…。



さっそく第2弾の製作が決まったようですが、
私としては「当然」と言ったところ。
望むところです(笑)


ここでは多くは語りません。
まさに「百聞は一見に如かず」です。
大泉さんをお好きな方でしたら、
ぜひ一度観てほしい一作です。



同じカテゴリー(Movie)の記事画像
「SP革命篇」~最終章…しかし
トークイベント再び! 映画「アイルトン・セナ」
全てのF1ファンへ… 「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ~」
ようやく「SP」観てきました
映画「クロッシング」に見る北朝鮮
「踊る大捜査線3」に行ってきました
同じカテゴリー(Movie)の記事
 「SP革命篇」~最終章…しかし"SP"は終わらない~ (2011-03-27 20:13)
 トークイベント再び! 映画「アイルトン・セナ」 (2011-01-20 19:48)
 全てのF1ファンへ… 「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ~」 (2011-01-15 11:29)
 ようやく「SP」観てきました (2010-12-13 13:13)
 映画「クロッシング」に見る北朝鮮 (2010-09-18 20:49)
 「踊る大捜査線3」に行ってきました (2010-07-11 23:20)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「探偵はBARにいる」は本当に極上のエンタメだった!!
    コメント(0)