› ジェット風船は永遠に › Car › スバルの「アイサイト」を体感してきました

2010年06月06日

スバルの「アイサイト」を体感してきました

最近,TOKIOの山口くんや石田ゆり子さんのCMでも,

「ぶつからないクルマ?」

と話題になっている,スバルの「アイサイト」
これを体感するために,花ケ島のスバルのお店へ行ってまいりました。



この機能は,
新しいレガシィに搭載された技術で,
ルームミラーの両脇に設置された2台のカメラ(ステレオカメラ)で,
クルマ前方の障害物を認識し,ブレーキアシストをするシステムです。



体感はスバルの敷地内で行われました。
(まあ,さすがに公道上でするわけにはいきませんわな…)

まずは私が助手席に乗り,
営業の方が実際にやって見せてくれました。

バルーンの障害物を置き,
それに向かって2~30km/h位のスピードで近づいていきます。

相手がバルーンとは言え,
ホントに止まるんだろうか?…と,結構ドキドキして待っていると,
車内に「ピーピーピー」という警告音が鳴り始め,
更に近づき,バルーン目前まで来た所で,
キュッッ!
…とブレーキがかかり,レガシィが止まりました。

もちろん,バルーンをはねることはなく…です。



さあ,次に私が体感する番です。

敷地内なので,スピードは30km/h以内で走ること。
ハンドルを切ると回避行動とみなされるので直進すること。
以上の2点の注意を受けて,いざ本番。

それでもさすがにグイッとはアクセルが踏めませんでした。
せいぜい10数km/hだったと思いますが,
バルーンに近づいてくるとドキドキしてきました。

あれ? ピーピーってまだならないぞ!?
大丈夫なのかなぁ??

…と思いながら更に前進して残り数m。
ピーピー…とようやく鳴り始めたと思ったら,
キュッ!と言う音とともにブレーキがかかり,見事に停車してくれました。



降りて確認してみたら,
バルーンとクルマの間に人が歩ける程度の間隔があいていました。
まあスピードが出ていなかったということはありましたが,
これくらいの余裕を持って止まれることに驚きを覚えました。


アイサイトには,このほかにも
車間を一定に保って走れる機能や,
運転のふらつきを感知してクルマを車線内に保つ機能などもあり,
クルマの技術もここまで来たのか…と,感動しました。

今回のアイサイトには,
広告等を見ると必ず「Ver.2」と書かれています。
開発によって進化したことの現れであり,
これからも更に新しくバージョンアップしていくことの意志表示である(はず)と思います。

もちろんこの機能に頼って走るのではなく,
免許を持っている以上,自分で安全を保たなくてはいけません。
それを理解したうえで,
スバルの「active safety」の考えのもと,
少しでもミスを助けてくれる機能が発展していって欲しいなぁ,と思います。



SUBARU : 車種紹介 > Eyesight(アイサイト)


タグ :試乗日記

同じカテゴリー(Car)の記事画像
今年の汚れ,今年のうちに~(車篇)
ついに姿を現した,TOYOTA+SUBARUのFRスポーツ
ウチの愛車,〇〇の年齢だと…?
[試乗日記]i-MiEVの走りにちょっと驚きました
がんばれ! vivioRX-R!!
「Mr.Magic」(ワックス)を使ってみた
同じカテゴリー(Car)の記事
 今年の汚れ,今年のうちに~(車篇) (2010-12-30 01:38)
 ついに姿を現した,TOYOTA+SUBARUのFRスポーツ (2009-10-06 19:15)
 ウチの愛車,〇〇の年齢だと…? (2009-09-24 19:32)
 [試乗日記]i-MiEVの走りにちょっと驚きました (2009-08-10 10:08)
 がんばれ! vivioRX-R!! (2009-07-11 12:15)
 「Mr.Magic」(ワックス)を使ってみた (2009-06-06 14:29)

この記事へのコメント
これは自分も欲しい機能です。
どうしても渋滞中のノロノロの時に注意力が落ちてしまうもので・・・
怪我するような事故でなくても、事故は無いほうがいいですもんね。
Posted by マサ at 2010年06月07日 10:44
☆ マサさん
本文には書きませんでしたが,
直線道路の渋滞だったら,
ほぼオートドライブも可能とのこと。

それでは余計に集中力が落ちてしまいそうですが(笑),
クルマの進化を感じますね。
Posted by tachytachy at 2010年06月07日 18:33
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
スバルの「アイサイト」を体感してきました
    コメント(2)