› ジェット風船は永遠に › F1 › F1 バーレーンGP を観て思う

2009年04月27日

F1 バーレーンGP を観て思う

2台でトップをキープしながら,
1stスティントを快走していた"TOYOTA"。

2周目で前を塞いでいたL.ハミルトンを交わしたものの,
周回ごとに差をつけられていた"BrawnGP"J.バトン。


しっかり走りきっていれば,
TOYOTAの初優勝となっていたはずが,勝負は水物。
J.バトンの勝利(開幕4戦3勝)という結末で終わりました。


FlyAwayシリーズの最終戦。
レース中盤が勝負を分けたように思えました。


それは,タイヤの選択と修正。


2ndスティントでハードを選択したTOYOTAでしたが,
明らかなコンビネーションミス。上がらないタイム。
トップ争いをしている車より,
明らかに2~3秒遅いタイムでしか走れませんでした。


対するBrawnGPはソフトを選択し,
残り10周あたりまで走れるだけのガソリンを給油。
元々タイヤに優しいマシンだからこそできる選択だったのですが,
前を走る車がピットに入るたびに確実にポジションを上げていきました。

そして,残り少ない周回数での
スプラッシュアンドゴーに耐えられる分のマージンを築いてのピットインができました。


優勝こそ逃しましたが,決断がもう少し早ければ,
もう1つ上のポジションでフィニッシュできたはずのTOYOTA。


初優勝を勝ち取れなかった,
その決定的な差は経験。
ベネトン-ルノー-フェラーリでギリギリの戦略を練り,
その時々で成功を収めてきたロス=ブラウン。
その戦略を具現化し,今季3勝目を手に入れたJ.バトン。
彼らの経験が,TOYOTAを跳ね除けたのだと思います。



TOYOTAとJ.トゥルーリが初優勝を手に入れるには,
あと少しの経験とあと少しの運が必要に感じられた,
バーレーンGPでした。



さあ,F1はいよいよヨーロッパへ。
2009年本番。
今まで沈黙を続けているチームも,このままではいかないはず…。



同じカテゴリー(F1)の記事画像
友人から うらやましい写メが…
シューマッハーがF1に復帰!
トロロッソ,ブルデーの解雇を正式発表
私のF1観戦ガイド(?)
同じカテゴリー(F1)の記事
 TOYOTA,F1から撤退 (2009-11-04 20:20)
 友人から うらやましい写メが… (2009-10-03 23:10)
 シューマッハーがF1に復帰! (2009-07-30 19:33)
 トロロッソ,ブルデーの解雇を正式発表 (2009-07-16 19:28)
 F1分裂!? 2つの選手権?? それとも…? (2009-06-20 09:42)
 スペインGPと人種差別報道 (2009-05-11 22:50)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
F1 バーレーンGP を観て思う
    コメント(0)